2015年11月26日木曜日

高純度βグルカンを入れてはいけない理由

高純度のβグルカン(ベータグルカン)を摂取する際の留意点として、基本にして最重要なのは「食間に水だけ」で飲むことだ。精製度を極限まで高めることで機能性を邪魔する不純物が殆ど無い高品質のβグルカンなら、少量を水だけで飲むことで必要にして十分なβグルカン分子を有効量吸収できるだろう。

逆に避けねばならないのは、食事と近い時間帯にβグルカンを摂取してしまうこと。折角の高純度ベータグルカンが食事に含まれるたんぱく質や脂質に覆われてしまうことで機能性は大幅に低減されてしまう。これは、高純度品を自ら低純度品へと貶めているに近い残念な行為とさえ言えるだろう。だから食事とβグルカンは時間間隔を置く必要があるのだ。

上記のような品質や利用方法に関する質問以外には、意外に多いのが「高純度βグルカンを直接に口に入れて飲んでも良いか?」という質問だ。