2014年9月3日水曜日

βグルカンを食べ過ぎるのは...

純粋な成分としてのβグルカン(ベータグルカン)には、副作用は無いので安心して利用できる。もしも機能性成分βグルカンを過剰に摂取した場合でも、小腸で吸収しきれない量が続く大腸で食物繊維としての性質を発揮する。これはまさにダイエット食品の機能そのもので、腸内清掃に寄与してくれるのだ。つまり、βグルカンは過剰摂取した場合でも、機能性が原因となって副作用等のリスクが生じる可能性は皆無なのである。

強いて注意点をあげるなら、他の食べ物と同様の「単純な食べ過ぎ」。

高い純度のβグルカンは、見た目が少量でも「満腹感」を感じやすい。その理由は、微少量でも内容的には非常に大量の食物繊維を摂取しているのと同じ状況を招くから。

摂取効率と吸収効率を最大化するためには空腹時にβグルカンを摂ることが最善なのだが、これは空腹時に「山盛りの野菜だけ」を食べるのと同じような負担が胃に掛ってしまうのだ。

健康な人間でも空腹時に野菜だけを大量に食べたなら胃もたれを感じるはずだ。この現象を自覚しながら摂取する量を加減するべきなのだ。だから、初めてベータグルカンを利用し始める時は、まず少量からの試用するのが賢明。

βグルカンを食べた時に過剰摂取=満腹感を感じてしまう量は、個々人の体質体調によってかなり違う。多い場合は1回に4, 5粒も摂取しても平気で快調な人がいる一方で、少ない場合には1回に1, 2粒でも満腹感を感じてしまう人もいるほどに個人差が大きい。

満腹感や胃もたれ等を感じてしまうなら、それは少し過剰な摂取量と考えられる。だから、その場合はβグルカンを減量した方が良い。無理して多く食べるのではなく、負担が少なく最小のストレスで摂取できる量がその個人にとっての最適量と言える。

適正なβグルカン販売店ならば、設定している推奨量の上限は1回2粒程度(1日2, 3回)だろう。まともな販売店では過剰摂取の可能性を喚起しておきたいので、これ以上の大量摂取は薦めていないはずだ。ただし、患者自身が試行錯誤した結果としての適量が、上記の量をかなり上回る摂取量で継続している人も少なからずいる。

1回にカプセル3粒以上や、粉末1杯以上)を摂取しても平気な人も多いが、体調によっては過剰摂取となる可能性も残るので適宜に増減するのが良い。

品質の良いβグルカン製品ならば、見た目には少しの量の摂取だけでも内容成分としてのβグルカンは非常に多く含まれている。だから、高純度のβグルカンほど、過剰摂取をしなくとも、効率良くベータグルカンが吸収されるのだ。


2014年6月2日月曜日

βグルカンとアレルギー対策

アレルギーが原因で活用できなかった人がいたβグルカン健康食品が、アレルギー対策に活用され始めた。その経緯と現状、さらなる注意点について纏めた。

アレルギーの原因として支持が固まりつつある「衛生仮説」。
つまりは、「衛生環境が良くなったがためにアレルギー体質が増加した」というのはなんとも皮肉な話ではあるが、データ的には非常に説得力のある学説のようだ。しかし、アレルギー対策のために、今更に不衛生な生活には戻れるはずも無いのが辛いところだ。

ひどい場合には、食品だけでなく健康食品やサプリメントの選択に際しても、アレルギーを考慮する必要があることから、製品・成分の選択が限定されることも多い。

βグルカン
の健康食品・サプリメントに関しては、アレルギーが原因で利用できなかった開発初期から、近年は逆にアレルギー対策への利用が急増している傾向がある。この真逆の歴史を紐解いてみよう。

現代では、誰もが安全にアレルギーを気にすることなく利用できるようになった高純度ベータグルカンは広く販売されているものの、過去には利用者が限定されてしまう製品レベルだった時代もあったのだ。
しかし、βグルカンを主成分とする健康食品・サプリメントに関するアレルギーに関わる問題として、高純度品に限っては2000年以降にはまず問題は無く、誰でも食することが可能になっている。

過去の経緯としては、70年以上前の1940年代のパン酵母抽出のベータグルカンの黎明期にさかのぼる。これらの初期のベータグルカン製品は、酵母の細胞壁からβグルカンを抽出精製する際にタンパク質の除去が不十分だった。そのため、除去されずに相当量残ったタンパク質が原因で、酵母アレルギーの体質の患者は摂取が困難だったのだ。酵母アレルギーの患者は、高純度・高効率のベータグルカンを使いたくても、食べることができない事例が少なからず発生したのだった。

その後 急速にパン酵母ベータグルカンの精製技術が進化したことで、酵母アレルギーの元凶だった酵母タンパク質も精製除去されるようになった。ついに、1980年代には、精製度が80%も超えた高純度品が開発され、同時に酵母アレルギーの懸念も無くなり、誰もが安全にβグルカンを利用できる時代となった。

この時期に、米国食品薬品局(通称:FDA)が、パン酵母から抽出・精製した高純度のベータグルカン健康食品・サプリメントを「通常の食品と同様に食することが可能」との認証したのはこの時期のことだ。

今では、精製の高い高純度ベータグルカンを利用する限りは、酵母アレルギーの危険性は無いと言われている。


一方、主原料以外が原因となるアレルギーの懸念には、今も注意は怠れない。

かさ増しのための増量剤や、不可思議なキノコ原料品を添加した場合には、それぞれの由来原料や成分への厳密な検証は、当然にされるべきだろう。

『オルタスβグルカン85』に関しては、主原料のパン酵母ベータグルカンに関しては、世界最高純度に精製されているために上記のとおりアレルギーの懸念は無い。

しかし、カプセルにのみ非常に小さな懸念は存在する。カプセルを製造際に、カプセルを型枠から剥がす"剥離剤"として極微少量の「大豆レシチン」が使用されているからだ。
内容物として注入しているわけではなく、製造時の潤滑油としているだけなので、法律的には表示義務は無いレベルの極少量。同じカプセルを使用していても、多くの企業、販売店では「大豆レシチン」の表示はされないことの方が多いようだ。


しかし、βグルカン本舗では、万全を期するためカプセルタイプの『オルタスβグルカン85カプセル』に関して、原材料に「大豆レシチン」を表記している。前述のように、厳密な成分検査をしてさえも大豆成分を検出することは不可能な程の極めて微少量だが、敏感な大豆アレルギーへの配慮なのだ。


もしも敏感な大豆アレルギー体質でも、高純度のベータグルカンを利用したいなら、粉末タイプの『オルタスβグルカン85粉末』が最適だろう。これなら「大豆レシチン」との接触も無く、大豆アレルギーへの懸念は完全にゼロだ。

βグルカン本舗』では、原材料名を完全に明記し100%の安全性を確保している。

安全性が確実な高純度のベータグルカンだから、安心して、花粉症対策へ利用したり、アトピー皮膚炎、白斑等への利用も広がりを見せているのだ。

2014年2月24日月曜日

「β1.3/1.6Dグルカン」との違いは?

「β-1,3-1,6グルカン」と「β-1,3グルカン」は、どちらが良いのか?
「β1.3/1.6Dグルカン」と「β1.3Dグルカン」の機能性の違いは?
β-(1-6)-D-グルカン」は必要なのか?不要なのか?

結論から述べると、「どの製品にもベータ1,6Dグルカンは入っている」ので、β1-3Dグルカンでも、β1-3/1-6Dグルカンでも内容成分には殆ど差が無いのが事実。「β-1,3-1,6グルカン」「β1.3/1.6Dグルカン」というのは、2種類のベータグルカンが入っていると"併記"しているだけなのだ。

βグルカン量が多い方が良いβグルカン健康食品であるのはもはや常識だが、同時にβグルカン(ベータグルカン)のも重要だとの認識は高まりつつある。最も重要なβグルカンの種類が「ベータ1,3Dグルカン」であることは、学者だけでなく、全てのメーカー,販売店の同意するだろう。

この事実は、健康食品サプリメントの販売店の偏向した情報よりも、免疫学系の研究論文が公正な結論を示している。ベータ1,3Dグルカン(3重らせんβグルカン)だけが、免疫細胞に認識されることを大前提とした下記のような研究が継続されている。

3重らせんβグルカンを認識する免疫システム : 理化学研究所
http://www.kek.jp/ja/NewsRoom/Highlights/20110711115317/

つまり、「ベータ1,3Dグルカンこそが唯一無二の機能性成分なのであって、β1-6Dグルカンは無くても関係無い成分」だと解る。

違うのは、販売店の宣伝広告の姿勢

唯一無二の機能性成分の量だけを示すのか、無くても良い成分も足して誇大な成分量を表記するのか、の違いだ。価値の無いβ1-6Dグルカンの量は表記されるべきではないだろう。

本当に価値の有るβ1.3Dグルカンだけの量を真摯に追求するのが、
選ぶべきβグルカン健康食品・サプリメントの良品であることは明白だ。
世界標準の超高純度βグルカン